ページの先頭です

町制60周年記念 栗本百合子 異空間プロジェクト「記憶の遊園地」制作レポート1

[2013年9月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

あいちトリエンナーレ2013 栗本百合子 異空間プロジェクト「記憶の遊園地」

今年、町制60周年を迎える阿久比町ではあいちトリエンナーレ2013並行企画事業として 栗本百合子 異空間プロジェクト「記憶の遊園地」を開催します。建物の構造、記憶などを手がかりに異空間をつくるアーティスト栗本百合子氏が今年末に取り壊される公民館南館を舞台に地域の皆さんと一緒に「公民館南館への感謝‐地域への想い‐」を表現した空間をつくります。

 

制作レポートと題し、作業風景を掲載していきます。
会期中には、ぜひ公民館南館最後の姿をご覧ください。

栗本百合子 異空間プロジェクト「記憶の遊園地」チラシ

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

異空間プロジェクト「記憶の遊園地」制作レポート1(9月1日~)

プレ作業 (阿久比高校美術部)

7月に行われた、栗本さんと阿久比高校美術部の皆さんの打合せ。

実際に作業を行う公民館南館2階の「旧上下水道課事務室」を見学しました。

夏休みに入りました。美術部全員で完成を目指します。

公民館が水族館に!(1)

公民館が水族館に!(2)

目玉がコチラをじっと見つめています。

さて、出来上がりは? ご期待ください。

作業初日

 9月1日から、本格的に制作作業のスタートです。
 アーティストサポーターの方の協力をいただきながら、作業を進めます。

ペンキを塗る場所に養生シートを貼っていきます。

ホール2階の固定イスを取り外しました。汚れをふき取りきれいにします。

作業2日目

壁面にだまし絵を描きます。

作業3日目

廃園した英保育園の遊戯室から持ってきたカーテンをホールに。フラッグアートの下絵を描いています。

ホール入口の扉にスペードのマークの下絵を描きます。

だまし絵に別の絵をからましていきます。

作業4日目

取り外したホール2階のイスに色を付けます。

イスが空中ブランコに。

作業5日目

下絵を描いたスペードに色を付けていきます。ハートやダイヤもありますよ。

1階の柱を色付けします。鮮やかな黄色で、印象が変わってきます。

作業6日目

ホール2階の床面に白黒のパズルをはめ込んでいます。

みんなでカーテンフラッグに色付けしています。2階から撮影。

蟻や蜥蜴や蝉が登場。

お問い合わせ

阿久比町役場総務部
政策協働課企画政策係

電話: 0569-48-1111
        内線1310・1311

ファックス: 0569-48-0229

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.