ページの先頭です

児童発達支援事業所 てくてく

[2019年10月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

てくてくのロゴ

ゆっくり”てくてく”みんなで子育て

「児童発達支援事業所てくてく」では、支援を必要とする2歳から就学前のお子さんを対象に、特定の人とのやりとりや親子での楽しい遊びを通して、身の回りのこと、ことば、運動、コミュニケーション等、全体的な発達を促すことを目的として、一人一人に合わせた療育を行います。

小さな集団の中で、スモールステップを積み重ねながら、基本的な生活習慣や集団への適応性を養い、大きな集団へのスムーズな移行を目指しています。

発達支援(お子さんへの支援)

特定の人とのやり取りや親子での楽しい遊びを通して、身の回りのこと、運動、ことば、コミュニケーション等、全体的な発達を促します。

一人一人の力に合わせて専門の職員が「個別支援計画」を作成し、計画に基づいて以下のような支援を行います。

  • 保育者による個別の療育および小集団の療育(母子通園)
  • 発達検査および発達相談
  • 作業療法士による感覚統合アプローチ
  • 言語聴覚士による言語療法 等

家族支援(保護者への支援)

家族が安心して子育てができ、育児の負担を軽減していくために必要な支援を行います。 

  • お子さんへの支援方法のアドバイス、相談対応
  • 保護者向け療育研修会および勉強会の開催
  • 専門支援機関の紹介や利用にあたっての助言  等

母ワーク(週1回)

保育者や保護者同士で子育てについての相談や情報交換をします。

てくてく 母サロン(年6回)

保護者企画の茶話会やOBのお母さんを招いて、勉強会を行います。

てくてく 父サロン(年2回)

父親同士のしゃべり場です。講師の先生、OBのお父さんを招いて、情報交換をします。

きらきら星の会 OB会 (年4回)

OB家族との交流会を、土曜日午前中に開催します。(自由参加)地区別での情報交換や兄弟同士の交流、遊びの場です。

クラス(施設案内)

ほし組(母子クラス)

基本は、母子クラスからスタートします。週に1回(基本金曜日)、母子分離日があります。

保育士や仲間と、子育てについて一緒に考え、楽しく子育てができるように支援します。

ほし組の様子1
ほし組の様子3
ほし組の様子2

にじ組(単独クラス)

お子さんの成長に合わせて単独日数や分離の時間を決定します。

自分の気持ちや意志を言葉や動作で表現できる子どもを育てます。

英比保育園や移行先の園の子どもたちと交流を持ち、お互いに育ち合います。

感覚統合室

トランポリン、ボールプール、スイング、滑り台等ダイナミックな運動遊びを通して五感を刺激し、感覚統合を図ります。

作業療法士(OT)による感覚統合アプローチを行います。

感覚統合室1
感覚統合室2

一日の流れ

療育日:月曜~金曜日(祝日を除く)

療育時間:9:00~15:00

一日のながれ
 時間活動内容
 9:00~

 登園・朝の身支度
 体操・ふれあい遊び
 おはようの会
 主活動・遊び

 11:20~ 給食
 12:15~

 課題遊び
 母ワーク(週1回)

 13:00~ 帰りの身支度、 さようならの会(ほし組)
 自由遊びorお昼寝(にじ組)
 15:00~ 帰りの身支度、 さようならの会(にじ組)
 降園
年間行事予定

行事 

 4月

 入所・進級おめでとうの会

 5月

 遠足、 内科健診・歯科健診

 6月

 ★家族と一緒に遊ぼう会

 7月

 七夕会

 9月

 ★家族と一緒に遊ぼう会

 10月

 運動会(自由参加)、 内科健診・歯科健診

 11月

 遠足

 12月

 ★家族と一緒に遊ぼう会

 2月

 入所説明会

 3月

 ★お別れ会、 遠足

「★」のついている行事は、家族参加の行事です。

職員

  • 所長 … 入所に関する相談やお子さんの発達に関する相談等に応じます。
  • 児童発達支援管理責任者 … お子さんの個別支援計画の作成等を行います。
  • 保育士 … 一人一人の成長発達に合わせた療育支援を行います。
  • 機能訓練担当職員 … 公認心理師や作業療法士、言語聴覚士等専門の職員が療育を行います。

費用

3歳児~5歳児

幼児教育・保育の無償化により、給食費や教材費・行事費を除き、無償でサービスを受けられます。

2歳児

1割の自己負担でサービスを受けられますが、世帯の所得に応じて負担上限月額が定められています。

所得ごとの負担上限月額

  • 生活保護受給世帯・市町村民税非課税世帯:0円
  • 市町村民税課税世帯(所得割28万円未満):上限4,600円
  • 上記以外(所得割28万円以上):上限37,200円

この他に給食費や教材費・行事費が必要になります。

お問い合わせ

阿久比町 児童発達支援事業所 てくてく
阿久比町立英比保育園内2階
電話: 0569-48-0020 ファックス: 0569-48-0211

組織内ジャンル

阿久比町立児童発達支援事業所てくてく

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.