ページの先頭です

未熟児養育医療

[2013年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

身体の発育が未熟のままで生まれ、入院を必要とする乳児が指定養育医療機関において入院治療を受ける場合、その治療に必要な医療費を公費で負担する制度です。

対象者

未熟児で次に掲げるいずれかの症状などを有し、指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めた方。

(1)出生時体重2,000グラム以下のもの

(2)生活力が特に薄弱であって次に掲げるいずれかの症状を示すもの

  ア 一般状態

   (ア) 運動不安、けいれんがある

   (イ) 運動が異常に少ない

  イ 体温 摂氏34度以下

  ウ 呼吸器、循環器系

   (ア) 強度のチアノーゼが持続する、チアノーゼ発作を繰り返す

   (イ) 呼吸数が毎分50を超えて増加傾向にあるか、または毎分30以下

   (ウ) 出血傾向の強い

  エ 消化器系

   (ア) 生後午前0時間以上排便がない

   (イ) 生後48時間以上嘔吐が持続している

   (ウ) 血性嘔吐、血性便がある

  オ 黄疸のあるもの

    生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある

 

指定養育医療機関一覧 (県内)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

助成対象

町が発行する養育医療券を医療機関に提示すると、入院中の医療費のうち保険診療分の自己負担額と食事療養費(ミルク代)等が対象となります。

(未熟児の治療以外の治療、差額ベッド代、おむつ代、文書料などの保険適用外のものについては対象となりません。)

負担金

世帯の所得により月ごとに負担金が決定します。ただし、この負担金は委任状をいただくことで、子ども医療費を充てることができますので、実際には、お支払いいただくことはありません。必ず、子ども医療受給者証の交付申請も行ってください。

必要書類等

申請期間

入院養育が必要を認められましたら、お子様が入院中に必要書類をそろえて申請してください。

お子様が退院されてからでは申請できませんのでご注意ください。 

養育医療券

  • 申請後、審査を行い、後日「養育医療券」を交付します。お手元に届きましたら、医療機関へ提示してください。
  • 養育医療券の有効期間後も引き続き養育医療が必要な場合は、継続の手続きをとってください。手続きには再度必要書類等が必要です。

こんなときは届出が必要です

  • お子様の住所、氏名委、加入している健康保険等が変更になったとき
  • 阿久比町から転出するとき
  • 転院するとき(転院申請時には、未熟児本人が入院中でなければなりません)

     〈必要なもの〉

     ・申請書

     ・意見書(転院先の指定養育医療機関の医師が作成したもの)

     ・転院理由書(転院元の指定養育医療機関の医師が作成した、転院を必要とする理由が書かれたもの)

  •  養育医療券を紛失等したとき 

 

子ども医療費助成制度との主な違いについて

  • 未熟児養育医療給付制度

    国の制度、入院分の保険診療分の自己負担額と食事療養費等が対象。

  • 子ども医療費助成制度

    愛知県の制度、入院通院保険診療分の自己負担額が対象。(食事療養費等は対象外。

※両方の制度に該当する場合は、国の制度である未熟児養育医療給付制度を優先して受けてください。

お問い合わせ

阿久比町役場民生部
住民福祉課福祉医療係

電話: 0569-48-1111
        内線1119・1120

ファックス: 0569-48-0229

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

民生部住民福祉課福祉医療係

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.