ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    苗代句会作品集

    • [更新日:
    • ID:2803

    苗代句会作品 令和6年5月4日

    夏・自由題
    作品作者 
    瞳(め)の中に吾れを宿して夏に逝く
    北中 祥子
    親不幸許せと知覧夏の露
    竹内 朱実
    家出めく心に朱夏一ト日旅
    新美 京子
    団子焼仰せ付けられ夏祭
    新美 英紀
    筒振れば名残りの音の古茶淹れる
    古川 千鶴
    身の丈のつましき暮し夏大根 
    溝口 スミ子
    登山地図出しては仕舞ふ老いの夏
    三輪 稜景
    水玉のブラウスが好き夏来る
    森 禎史
    夏立ちぬつるりと剥ける茹玉子
    安井 誠至
    度忘れの眼鏡の行方夏暑し
    吉田 香代子

    ※苗代句会では常時新会員を募集しております。

    ご興味のある方、是非句会をご見学ください。また以下までご一報ください。

    新美ひでき 電話0569-48-1356

    お問い合わせ

    阿久比町文化協会事務局
    電話: 0569-48-1111 内線1500