ページの先頭です

ハチの巣の駆除について

[2019年8月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ハチの巣の駆除について

毎年、夏になるとハチの巣に関するご相談が多数寄せられます。

中には町で駆除をしてほしいという依頼もありますが、私有地の管理は土地所有者の責務になります。町職員もしくは町から委託された業者が私有地にできたハチの巣の駆除に伺うことはありません。ご自身の手で駆除するか、専門業者にご依頼いただきますようお願いします。

基本的にはハチは巣に近づかず、こちらから攻撃しなければ人を襲うことはあまりありません。巣を発見した場合は慌てず騒がず、落ち着いて対処してください。

ご自身で駆除する場合は、ハチの活動が活発になる日中は避け、早朝もしくは夕方以降に駆除を実施することをお勧めします。その際強い光を当てるとハチを刺激してしまいますので、光をつけないか赤色のライトを使用するようにしてください。

駆除する際は市販のスプレー式殺虫剤などを用いて行ってください。煙でいぶすことも効果的ですが、火種が周辺に燃え移り火災になってしまった事例もありますので、十分注意して行ってください。また、どちらの方法でも薬剤や煙が周囲に広がるため、風向きに注意し、近所の方にも事前に通知しておくことをお勧めします。

ミツバチを除く多くのハチの巣は冬になると放棄され、翌年以降再利用されることもありません。日常生活にも周辺住民にも支障のない場所にできた巣は放棄されるのを待つのも一つの方法です。

もし、町有地(公園、道路、学校等公共施設)でハチの巣を発見した場合は、施設管理者にご連絡ください。

専門業者について

公益社団法人愛知ペストコントロール協会会員の内、阿久比町周辺に営業所等がある害虫駆除業者の一覧です。

この他にも阿久比町での案件に対応可能な駆除業者は多数ありますので、一度ご自身でもお調べください。

なお、町で把握している限りでは阿久比町内に害虫駆除業者はありません。

また、駆除にかかる費用は全額個人負担となりますのでご承知おきください。

害虫駆除業者一覧
会社名住所連絡先1連絡先2
中央消毒株式会社半田市白山町5-219-130120-71-64740569-22-6474
中部環境サービス株式会社半田営業所半田市浜町280569-21-6464
有限会社トップ・クリエイト常滑支店常滑市斧口37-70569-47-6474

ハチの種類について

相談件数の多いハチは、主にアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチの3種類です。分類上はさらに細かく種類が分かれますが、それぞれの基本的な性質について紹介します。

ミツバチ

ミツバチは小型で非常におとなしいため、こちらから刺激しなければ襲われることはまずありません。ハチミツの採取のため各地の養蜂場で飼育されているほか、野生のものも多数生息しています。木のうろなどの穴の中や軒下、屋根の隙間など最初から外壁がある場所に板状の巣を作ります。春から夏にかけて、分蜂と呼ばれる引っ越しが行われミツバチの大群が壁や木を埋め尽くすように群がっていることがありますが、特別攻撃的になるわけではありません。無数のハチの群れに驚くかもしれませんが、数日のうちに新しい巣を求めて移動していきますので、刺激しないよう見守ってください。どうしても生活に支障があり、駆除が必要な場合は専門業者に依頼してください。

アシナガバチ

アシナガバチは比較的身近な場所で見かけるハチです。ふらふらと漂うように飛行します。巣は比較的乾燥した木の枝や家の軒下などに作ります。形状は半球型で色は全体的に白みがかったものが多いです。基本的にはおとなしい性格ですが、巣に危険が迫ると攻撃的になります。毒自体は強くありませんが、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるので注意してください。なお、農業者にとっては青虫などの害虫を食べてくれる益虫でもありますので、周辺住民に支障がなく付近に田畑がある場合は無理に駆除する必要はありません。駆除する際に直接棒などで巣をつつくと、棒を伝って襲ってくるので必ず先に殺虫剤等を散布して成体を駆除してください。

スズメバチ

スズメバチは非常に攻撃的な性質をしており、巣に近づいただけで人を襲う可能性があります。直線的に素早く飛行します。巣は初めのうちは逆さまにした徳利のような形をしていますが、最終的には巨大な球状になります。色は茶色と黄土色のマーブル模様になっていることが多いです。場所を選ばず、木の枝、木のうろ、軒下、通風孔の中、縁の下、壁の隙間などどこにでも巣を作ります。毒性が非常に強くさまざまな症状を引き起こし、毒の飛沫が目に入るだけで失明する恐れもあるほどです。また、場合によっては呼吸不全や心肺停止、アナフィラキシーショックなど死に至る症状が出ることもあります。

巣に限らず餌場を守るために攻撃してくることもあるなど非常に攻撃的で、警戒範囲も広いため見かけたら静かに速やかにその場を離れ、専門業者に駆除の相談をすることをお勧めします。無理に巣を探そうとしたり、大声で騒ぎ立てたりすると、スズメバチを刺激してしまい、集団で襲われる可能性もあります。また、夏場に森林に入る際は香水の使用を控え、黒いものを身に着けないようにしてください。香水の成分がハチを刺激してしまう可能性があり、また、ハチは暗い色を積極的に攻撃してきます。

たまに屋内に迷い込んだ個体を見かけることがありますが、その場合は無理に手で振り払ったりしなければ刺されることはまずありません。落ち着いて距離を取ってください。

もし刺された場合は、その場から速やかに離れ、救急車を呼んでください。その場にいると、毒に含まれる物質を感知した仲間が集まってきてしまいます。

一部地域では幼虫が食用されており、また、肉食性を利用した害虫駆除なども行われていますが、管理が非常に難しいため、巣を発見した場合は駆除をお願いします。

お問い合わせ

阿久比町役場建設経済部
建設環境課環境係

電話: 0569-48-1111
        内線1211・1212

ファックス: 0569-49-0057

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.