ページの先頭です

町長からのメッセージ

[2020年4月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町民の皆さまへ(令和2年4月1日)

庶民に親しまれたお笑いタレント志村けんさんが、新型コロナウイルスに感染し、発症してから数日にしてお亡くなりになり国内に衝撃が走りました。
 また、東京2020オリンピック・パラリンピック大会の開催が延期されました。3月26日には、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部が設置され、同日、愛知県にも愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部が設置されました。小池東京都知事は感染者数が都市部を中心に急増し、首都封鎖になりかねない重大な局面を迎えているとメッセージを出し、東京都や神奈川県など近隣4県が週末の外出自粛要請を出すなど、予断を許さない状況となりました。安倍首相からも今がまさに国内の急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期であり、国民の生命を守るための新型コロナ特措法に規定する基本的対処方針を確実かつ迅速に実行していくとしています。
 本町内では感染者は発生していませんが、いつ感染者が確認されてもおかしくない状況です。町民の皆さんの感染を防ぐために4月以降も施設等の休館を続行させていただきます。ご不便をおかけしますが、皆さまのリスクを最大限に回避するための取り組みとしてご理解いただきますようお願い申し上げます。
 新学期を迎える学校、幼稚園、保育園等は、入学式や始業式を縮小したうえで開催し授業を再開させる方向です。ただし、緊急事態宣言が出された場合や校内等での感染者が発生した場合には、突然の緊急措置を取らざる負えない事態となります。
 自らが知らないうちに罹患し、他人にうつしてしまうことにより、自分や家族、友人、知人など周りの多くの人の人生に悲しみを生むことになります。
 今後とも感染防止に向け、町民一人一人の力を合わせ一緒になって新型コロナウイルス感染症に立ち向かってまいりましょう。引き続きご協力をお願い申し上げます。
※感染症対策として、
 (1)発熱等の風邪の症状がみられる場合は、自宅で休養することを徹底し感染源を断つこと 
 (2)石けんによる手洗い、消毒、咳エチケットを徹底し感染経路を断つこと
 (3)免疫力を高めるために、十分な睡眠と適度な運動やバランスのとれた食事を心がけ抵抗力を高めること
※集団感染へのリスクへの対応として、3つの「密」空間、1「換気が悪い密閉空間」 2「多くの人集まる密集空間」 3「人との距離が近い密接空間」という3つの条件が同時に重なるような場を避ける。

阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部本部長 阿久比町長 竹内啓二

町民の皆さまへ(令和2年3月23日)

新型コロナウイルス感染症により、東京2020オリンピックの開催が危ぶまれる事態になりました。爆発的に世界中に感染が広がり各国で渡航制限や非常事態宣言などの措置がとられています。日本においても、すべての海外への渡航の是非またはその延期の必要性について注意喚起がされています。本町も職員に海外への渡航の自粛を要請しました。また、職員が感染したり、濃厚接触者となった場合は、職免等により登庁を制限すると共に、住民サービスが停滞しないよう業務継続体制を整えています。
愛知県内では、現在130名以上の感染者が確認されています。ほとんどが名古屋市での感染者であり、クラスター感染者が多数を占めていますが感染経路不明者も出始めています。知多半島内では半田市、東海市に続き、武豊町、知多市でも感染者が確認されました。本町では、感染者は出ていないものの、いつ感染者が確認されてもおかしくない状況です。
本町は今月19日に第8回阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、引き続き4月中の公共施設の休館、イベントの中止などを決定いたしました。ワクチンや薬が開発されていない現状での対策は、3密空間を避ける以外ありません。1「換気が悪い密閉空間」2「多くの人集まる密集空間」3「人との距離が近い密接空間」という3つの条件が同時に重なるような場は極力避けねばなりません。今後も町民の皆さまにご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。また、今まで同様、不要不急の外出を控え、石けんによる手洗い、消毒、咳エチケットなどを徹底していただき、一人ひとりが予防に努めていただくようお願いいたします。
安倍首相からも、今までの努力を続けなければ、クラスターの大規模化や感染の連鎖、さらには全国のどこかの地域で患者の急激な増加(オーバーシュート)が生じる可能性が指摘されています。
あなたの近くに見えない敵、新型コロナウイルスは忍び寄っています。
今後とも、感染防止に向け、最大限の努力を惜しまず、町民の皆さまと一緒に新型コロナウイルス感染症に立ち向かってまいります。引き続きご協力をお願い申し上げます。

阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部本部長 阿久比町長 竹内啓二


町民の皆さまへ(令和2年3月13日)

インターネット上で「阿久比町で感染者が出ている」とのデマ情報が流れており、驚いています。本町が知る限り、感染者は確認されていません。誤った情報に気を付けてください。
本町では、新型コロナウイルス感染者(町外在住)の方が2月23日に町中央公民館を利用したことが判明し、阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部で対応してきました。
2週間が過ぎた現在、本町で新型コロナウイルス感染者は確認されておらず、この一件による感染拡大はなかったと判断しています。
しかし、愛知県内では100名以上の感染者が確認されています。北海道に次ぐ感染者数となっており、死亡者数では愛知県がトップとなりとどまる気配はありません。半田市や東海市でも感染者が確認されており、緊張が高まっています。
先日、世界保健機関(WHO)が「パンデミック(世界的流行)」の状態と認定し、安倍首相からも、引き続きこれまでの対策を継続するようメッセージが出されました。また一段階フェーズ(局面)が上がり、危険度が高まりました。
今後も小中学校の休校や、公共施設の休館、イベントの中止など、町民の皆さまにご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
また町民の皆さまには、引き続き多くの方が集まるイベントや不要不急の外出を控え、石けんによる手洗い、消毒、咳エチケットなどを徹底していただき、一人ひとりが予防に努めていただくようお願いいたします。

インターネットやSNSでのうわさやデマに惑わされないよう、正しい情報を選び冷静に行動してください。
これからも随時私からメッセージをお伝えしてまいりますので、阿久比町民一丸となって新型コロナウイルスに立ち向かい、この難局を乗り切りましょう。

阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部本部長 阿久比町長 竹内啓二


町民の皆さまへ(令和2年3月5日)

国内外で、新型コロナウイルスによる感染症が猛威を振るい、いまだに終息の見通しが立っておりません。
半田市内で新型コロナウイルス感染者が確認され、新型コロナウイルスの脅威が迫りつつあります。
本町は、2月21日に「阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、住民の皆さんの安全のために、役場全体を通じて各種の対応をしておりますが、今、新型コロナウイルスが私たちの間近にまで迫ってきております。
その中で、政府からの要請もあり、小中学校の休校など、住民生活にも大きな影響が出ておりますことは大変残念に思いますが、この難局を打開するためには皆さんにも少しずつ我慢をしていただかなければなりません。
町民の皆さまには、不要不急の外出を控え、石鹸による手洗い、消毒、咳エチケットなどを徹底していただき、一人ひとり予防に努めていただくようお願いいたします。
また、年度末ではありますが、総会や集会などについて、しばらくの間は中止または延期をご検討ください。阿久比町民一丸となって、新型コロナウイルスに立ち向かっていくよう、私もその先頭に立って、必要な対策を講じてまいりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

阿久比町新型コロナウイルス感染症対策本部本部長 阿久比町長 竹内啓二

お問い合わせ

阿久比町役場総務部
政策協働課調査広報係

電話: 0569-48-1111
        内線1310・1311

ファックス: 0569-48-0229

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.