ページの先頭です

野犬に注意しましょう

[2018年4月17日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

野犬について

 町では愛知県動物保護管理センターと連携して、土地の所有者のご協力のもとに檻(オリ)を設置し、野犬を保護しています。しかしながら、野犬の目撃情報が絶えません。

 野犬を見かけたら近付かないでください。大声を出したり、犬と目線を合わせたりして刺激することは危険ですので、その場を立ち去るようにしましょう。また、周囲に住み着く原因にもなりますので、安易に野犬にえさを与えないようにしましょう。

野犬を見かけたときは

 野犬の保護には、住民のみなさんのご理解とご協力が必要です。野犬を見かけたときは、役場の建設環境課もしくは、動物保護管理センター知多支所(電話:0569-21-5567)に連絡してください。安心して暮らせる町づくりのため、ご協力をお願いします。

エキノコックスについて

 平成26年4月に阿久比町で保護された野犬1頭が、犬のエキノコックス症と診断されました。その後、愛知県では、知多半島地域で保護された野犬の糞便を、エキノコックスの虫卵の有無を確認するため、県衛生研究所で顕微鏡検査を行っています。

 ◇ エキノコックスは、もともと北海道のキタキツネにいる寄生虫の名前です。

   主に、キツネや野ネズミに寄生しています。

 ◇ エキノコックスの幼虫が寄生した野ネズミを食べた犬に、エキノコックスの成虫が

   寄生することがあります。

 ◇ エキノコックスに汚染された食物や水などを、人が偶発的に飲み込むことによって

   感染します。

 ◇ 一般的に症状が現れるのは、感染してから10年前後です。

 ◇ 人の体の中では、主に肝臓や肺に寄生し、肝不全などの障害を引き起こすことが

   あります。

 ◇ 適切に予防すれば、人への感染を心配する必要はありません。

   また、人から人への感染もありません。

   (1) 野山に出かけ、帰ったときはよく手を洗うこと。

   (2) 野犬や野生動物にはむやみに触れないこと。触れた場合は、よく手を洗うこと。

   (3) 衣服や靴についた泥はよく落とすこと。

   (4) 沢や川の生水は飲まないこと。

   (5) 山菜や野菜、果物等はよく洗ってから食べること。

   (6) 犬の放し飼いをしないこと。犬の糞便は適切に処理すること。

     散歩中の拾い食いに注意すること。

 生息する野犬やキツネ等の野生動物に接触したことがある方、野ネズミを食べたことがある犬の飼い主の方など、エキノコックスの感染が心配な方は、かかりつけの医療機関等にご相談ください。また、飼っている犬へのエキノコックスの感染が心配なときは、かかりつけの獣医師にご相談ください。

 エキノコックスに関する相談は、最寄りの保健所(愛知県半田保健所 電話:0569-21-3342)でも受け付けています。

 詳しくは、愛知県のホームページをご覧ください。

  愛知県保健医療局健康対策課(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

阿久比町役場建設経済部
建設環境課環境係

電話: 0569-48-1111
        内線1211・1212

ファックス: 0569-49-0057

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.