ページの先頭です

第141号(令和3年3月)小鳥のさえずり

[2021年3月22日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

執務中の町長

阿久比町長 竹内 啓二 

小鳥のさえずり

皆さんこんにちは。
3月も半ばを過ぎ、小鳥のさえずりにも元気さがうかがえます。早朝庭の梅の枝にメジロのつがいが止まりさえずっている光景は、コロナ禍で日々あえいでいる私にとっては心休まるつかの間のひとときでした。
私たちの日常は未だコロナ禍にあり、半田市立半田病院で起きた大規模クラスターによる感染者の増加は半田市内だけに収まらない情勢で大変心配しています。愛知県は独自の厳重警戒宣言を21日に解除しましたが、本町では20日に40人目となる新規感染者を確認しており、今後も油断することなく感染対策を十分になさってくださるようお願いいたします。
「啓蟄」も過ぎ、土の中の虫たちも活動を始め、桜は例年よりも早く開花し始めたようです。1年で一番気持ちの良い季節に、不要不急の外出を控えるように言われても、この衝動を抑えきることは難しいことかもしれません。しかし、感染力の強い変異株が国内の至る所で発見され始めていますので、予防対策をしっかりした上で移動範囲を十分考慮した行動をしていただきたく思います。

さて3月8日から阿久比町議会の令和3年第1回定例会が始まりました。コロナ対策に追われ続けている行政ですが、年度替わりが来れば次年度へ向けての計画と予算編成をし、議会に上程しなければなりません。冒頭に私から施政方針を発言させていただきました。令和3年度は「いのちを守るまちづくり」を中心に据え進めて行くこととし、職員も議員各位にご理解いただくよう諸施策を詳細にわたって説明しています。
議会中でも、年度末の事業は進めていかねばなりません。この間に幼稚園、保育園、小中学校では卒業式を行いました。例年とは違い、来賓も町長と教育委員のみとし、式場への保護者の入場制限や、校歌など合唱は取りやめとするなど規模を縮小し、短時間で式を終わらせています。異例ずくめの式典ではありましたが、児童生徒や先生方が趣向を凝らし立派に卒業生を送り出すことができました。このようにこれからの日常生活も慣例に沿うばかりではなく、臨機応変にその時々と場にあった対応で生活していかなくてはなりません。混乱も起きるかもしれませんが、流言飛語に惑わされてはいけません。
大切なのは、「人を思いやる気持ちで事を処する」以外にないと私は考えます。


P.S.
今定例会での気掛かりは、議員各位の健康状態です。澤田道孝議員と竹内強議員が病気治療のため長期間欠席をされています。コロナ禍でもあるので1日も早く回復され、議員活動に復帰されることをお祈りいたします。

お問い合わせ

阿久比町役場町長の部屋

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.