ページの先頭です

第137号(令和2年10月)空がキャンバス

[2020年10月19日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

執務中の町長

阿久比町長 竹内 啓二 

空がキャンバス

皆さんこんにちは。空がキャンバスのように感じられる季節となりました。
先日までは、夏の名残の小さな積乱雲などいろいろな形の雲が頭上に現れては風に流され消え、空だけを見ていても絵になるほど飽きないものでした。
今では澄み切った青空が広がり、澄んだ空気が空を高くしているように感じられます。そこに日差しの弱まった淡い日の光が差し込み、大自然という芸術家が空一面をアートしているようです。しばらくすれば秋も深まり、今度は地上の木々が紅葉し彩りを増してきます。
芸術の秋到来です。
今年は新型コロナウイルス感染症のために気分がめいってしまうほど、灰色の世界の中で生活をしてきたように感じています。色を忘れていた生活から、紅葉とともに色のある生活に戻りたいと願ってやみません。皆さんはいかがですか?

現在、愛知県の県外移動自粛緩和や「Go Toトラベル」などの国の政策により徐々に社会は明るさを取り戻しつつあるものの、誰しも心の中では感染拡大の恐怖と心配をお持ちのことと思います。
人それぞれに心配の度合いも違います。性格によることもあるでしょうし、生活環境や仕事環境などの事情に左右されていることもあるでしょう。アメリカ大統領選挙候補者のトランプ氏とバイデン氏の感染症に対する対応の仕方を見れば分かっていただけると思います。選挙結果によってどちらの対応が正しかったのかと判断する問題でもありません。自分自身の命と健康の問題ですから、自分で自分を守る以外ありません。
私たちは、今回の新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、人の生き方について多くのことを考えさせられたのではないでしょうか。私は「生きている今を大切に過ごす」ことによってのみ幸せを感じ取ることができると気付かされました。
今では、青い空、白い雲、日の光とさわやかな風を感じ取って、今を生きていることに感謝し幸せを感じています。
皆さんも、今を生きていることに幸せを見つけて「あなたの新しい生活様式」をつくり上げていただきたく思います。

お問い合わせ

阿久比町役場町長の部屋

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.