ページの先頭です

「住民税1%町民予算枠制度」各事業を募集します

[2019年5月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

皆さんからの想いをカタチにする仕組み「住民税1%町民予算枠制度」わくわくアイデア事業・わくわくコラボ事業を募集します

住民税1%町民予算枠制度のロゴマーク

1.はじめに

阿久比町は、第5次総合計画の基本理念のひとつに「参画と協働でつくる、自立したまちづくり」を掲げています。あらゆる分野において住民と行政がそれぞれの役割と責任をもって『参画・協働』し、人の和、地域の輪が広がる、自立したまちづくりを進めています。町民の皆さんのご提案や公益的なまちづくり活動を支援する仕組みが「住民税1%町民予算枠制度」です。

2.住民税1%町民予算枠とは

個人住民税の1%を財源=「住民税1%町民予算枠」として、町民や町民活動団体の皆さんから、さまざまな企画・提案をいただき協働のまちづくりを進めようとするものです。

本年度は、2020年度に町(行政)が実施する「わくわくアイデア事業(町民提案事業)」町民活動団体が実施する「わくわくコラボ事業(協働推進事業)」の2つの事業を募集します。
皆さんからの「熱い想い」と「創意工夫」にあふれた企画・提案をお待ちしています。

アグピー画像

3.事業の概要

(1)わくわくアイデア事業(町民提案事業)

わくわくアイデア事業は、町民の皆さんから町に実施してほしい事業について、町の「良いところ」や「心配なところ」を踏まえ、公共的・公益的な視点で、町のまちづくりに有益または地域の身近な課題の解決となる実行可能な事業を提案していただきます。提案された事業は、審査を行ったうえで、翌年度(2020年度)に町が実施します。


  1. 提案できる方    
    ・ 町内に在住する町民または町民で組織する団体

  2. 提案できる内容   
    ・ 【防災】【交通安全】【防犯】【子育て】【福祉】【保健】【商工】【観光】【公園】【環境・ごみ】【文化・芸術】【スポーツ】など
    ・ 町のまちづくりに有益なもの


    ※ 次のものは提案できません。
                 

                 × 町に決定権限がないもの(国・県などの許可が得られないもの)
                 × 法令・条例などに違反するもの
                 × 宗教・政治関係
                 × 既存の補助制度等の対象となるもの

                 × 過去に採択された事業と趣旨が同じであると認められるもの



  3. 募集期間内に「提案書」を作成し、町へ提出します。(政策協働課による書類の要件審査、わくわくアイデア事業については、「町の施策との整合性」「社会的な妥当性」「提案内容の妥当性」「町民生活または地域経済への貢献」「町の財政効果」などの評価項目による予備審査を行います。)

                              ⇒ 町民予算枠審査委員会での審査へ

  

  詳しくは、わくわくアイデア事業募集要項をご覧ください。

(2)わくわくコラボ事業(協働推進事業)

わくわくコラボ事業は、協働によるまちづくりを推進するため、町民活動団体(以下「団体」とします。)が自主的・自発的に実施する公益的なまちづくり事業に財政的支援を図るとともに、協働によるまちづくりへの理解や関心を高め、多くの町民参加と積極的かつ継続的な町民活動を推進することを目的としています。

新たな活動を立ち上げるためなど、団体が自主的・自発的に行う公益的な事業を企画していただきます。企画された事業は、審査を行ったうえで、翌年度(2020年度)に団体が実施します。町は、採択決定額の範囲内で補助対象経費の全額(10/10)を補助金として団体に交付します。

  1. 企画できる団体は、以下の条件をすべて満たす団体です。
    ・ 町民による自主的・自発的かつ公益的な活動などを行う団体
    ・ 5人以上で構成され、代表者および構成員の1/2以上が町内在住などの者である団体
    ・ 活動拠点が町内で、継続的な町民活動を行っている、または今後行う予定のある団体
    ・ 会則等を持ち、会計処理が適正に行われている団体

  2. 企画できる内容は、以下の条件をすべて満たす事業です。
    ・ 町民の福祉の向上および利益につながり、公益上の必要性が認められる事業
    ・ 営利を目的としない事業
    ・ 町内で実施され、主として町民を対象とする事業
    ・ 事業計画や収支予算が明確である事業
    ・ 団体の構成員のみを対象としない事業
    ・ 町など(国・県・民間などを含む。)から別の補助金等を受けていない事業

    ※わくわくコラボ事業は、企画された事業の経費のうち、補助対象経費(報償費、消耗品費、印刷製本費等)の全額(10/10)を補助金として団体に交付します。(団体の経常的な運営費や賃金等対象外となる経費もあります。)

    ※単年度で実施される企画を、その都度の申請に基づく審査により採択の決定をします。(複数年度の計画の場合は、単年度に区切って企画書を提出してください。)

    ※1事業あたりの補助金の交付額の上限は、概ね800万円(下限を1万円)とします。

    ※補助金の交付は、原則事業完了後です。事業の性質上、実施に支障をきたす場合などは、概算払(交付決定額の10分の7以内。千円未満切捨て。)も認められます。事業完了後は必ず精算を行います。精算の結果、精算額が交付額に満たない場合は、補助金の一部を返還する必要があります。

  3. 募集期間内に「企画書」を作成し、町へ提出します。(政策協働課による書類の要件審査を行います。)
    
                              ⇒ 町民予算枠審査委員会での審査へ

 

   詳しくは、わくわくコラボ事業募集要項をご覧ください。

4.町民予算枠審査委員会

町民や団体の皆さんから提出があった、わくわくアイデア事業「提案書」・わくわくコラボ事業「企画書」は、見識のある方および副町長で組織する町民予算枠審査委員会の委員による審査・採点を行い、住民税1%町民予算枠内で採択事業を決定します。

なお、9月7日(土曜日)時間未定 中央公民館本館301号室で町民予算枠審査委員会による意見交換と質疑応答を主体とする公開でのヒアリング審査を行う予定です。
提案書・企画書を提出された町民または団体の方はヒアリング審査に参加(必須)いただき、書類では伝えきれない想いを積極的にアピールしてください。(詳細は、後日該当者に通知します。)

 ⇒ 採択された「わくわくアイデア事業」は、翌年度(2020年度)に町(行政)が実施します。
注)提案事業は、具体的な実施内容および実施方法を検討して、町が予算を作成します。提案書提出後随時、提案者と事業担当課との打合せを実施する場合がありますので、ご協力願います。


 ⇒ 採択された「わくわくコラボ事業」は、翌年度(2020年度)に団体が実施します。町からは、採択決定金額の範囲内で団体に補助金が交付されます。
注)事業終了後、公開での事業報告会(2021年4月頃予定)を開催します(採択団体は参加必須)ので、事業成果の報告発表をお願いします。

5.事業の募集

(1)わくわくアイデア事業(町民提案事業)

  • 募集期間   5月7日(火曜日)~6月21日(金曜日)
  • 提出書類   提案書(別紙事業概要書含む。)(様式第1号)【必須】

わくわくアイデア事業 応募様式(Word)

わくわくアイデア事業 応募様式(PDF)

わくわくアイデア事業 様式書き方例(PDF)

(2)わくわくコラボ事業(協働推進事業)

  ・ 募集期間  5月7日(火曜日)~7月19日(金曜日)

  ・ 提出書類
   ・ 企画書(様式第1号)【必須】
   ・ 事業計画書(様式第1号の2)【必須】
   ・ 収支予算書(様式第1号の3)【必須】
   ・ 団体の構成員名簿および会則等(任意様式)【必須】
   ・ 団体の活動内容がわかる資料および事業をPRするための資料など【任意】

   ※わくわくコラボ事業で工事請負費を予定する団体は、上記のほか事業実施の

     位置図および工作物等の設計図ならびに工事請負費の見積書の写し(必ず

     複数の業者から徴収すること)が必要です。

   ※団体の構成員名簿および会則等は任意様式ですが、「団体の構成員名簿」

     「団体の概要調書」の様式を用意しておりますので、代わりに提出していただ

     いても結構です。

わくわくコラボ事業 応募様式(Word)

わくわくコラボ事業 応募様式(PDF)

わくわくコラボ事業 様式書き方例(PDF)

  • 提出方法
       
    ・持参する場合は、役場開庁日の午前8時30分から午後5時15分までの間に、阿久比町役場政策協働課までお持ちください。

    ・郵送する場合は、封筒に「わくわくアイデア事業提案書在中」または「わくわくコラボ事業企画書在中」と記入のうえ、阿久比町役場政策協働課(〒470-2292 阿久比町大字卯坂字殿越50)まで郵送してください。(必着)

    ※なお、提出された書類は返却しませんので、あらかじめご了承ください。 

募集要項

事業の募集に関し、補助対象経費や審査基準など詳細については、各募集要項をご確認ください。

わくわくアイデア事業・わくわくコラボ事業 募集要項(PDF)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
アグピー画像

「住民税1%町民予算枠制度」の詳細について、分からないことや企画書・提案書記入のアドバイスなどのご相談は政策協働課までお願いします。

お問い合わせ

阿久比町役場総務部
政策協働課協働推進係

電話: 0569-48-1111
        内線1310・1311

ファックス: 0569-48-0229

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

総務部政策協働課協働推進係

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.