ページの先頭です

第15号(平成22年4月)「風のように、歩いてみたい」「阿久比町議会と予算」「水道水第3タンクについて」

[2011年11月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「風のように、歩いてみたい」

執務中の町長
皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。今年は、花粉の飛散量が少ないせいか花粉症の症状も軽く、大変過ごしやすいので救われています。
 4月に入り新年度を迎えました。「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず。」と言われるように、卒業・入学や退職・就職、また人事異動など、桜咲くこの時期は人生のターニングポイントなのかもしれません。昨日も退職辞令交付式を行い、今年は12人の退職者を送り出しました。役場職員として最長の方は42年間お勤めいただきました。皆さん本当にお疲れ様でした。感謝いたします。阿久比町と町民のために献身的に尽くされ、ご苦労もあったことでしょうが、退官にあたり何を思い出されていることでしょう。人それぞれのこととは思いますが、共通していえることとして、お仕事をしてきたなかで、町民の方からの「ありがとうね。」という一言を言われたときの喜びは忘れえぬものではないでしょうか。「ありがとう。」この一言で、辛いことから救われ、この一言で、公僕としての仕事に喜びを感じ、誇りをもって職務に励んでこられたものと思います。
咲き誇る桜

咲き誇る桜

毎年、公民館南館において全職員の前で辞令交付を行いますが、ホールの窓から一本の桜が見えます。品種は分かりませんが、ソメイヨシノがちらほらのこの時季に、必ず満開の花を咲かせてくれます。窓いっぱいに咲き誇る桜は職員を祝福してくれているようで、何よりの餞(はなむけ)であると思います。この桜は今までに、何人の職員を送り出し、また迎え入れたことでしょう。今日新たに11人のフレッシュマンが公務員としてスタートを切りました。職員の入れ代わりはありますが、いつも役場は町民の方の幸せと皆さんの役に立つ場として、しっかり引き継ぎがされていきます。今回は83人の人事異動を行いましたが、新体制のもと平成22年度もよろしくお願いいたします。

阿久比町議会と予算

新年度予算を決めていただく平成22年第1回阿久比町議会が3月4日から18日まで開会されました。議会では冒頭に、新年度へ向けて、私から町長所信を述べさせていただき、議員ならびに町民の皆さんにご理解とご協力をお願いした次第です。お陰をもって全議案に賛成をいただき、無事閉会を迎えることができました。大変感謝申し上げます。
 今回の予算編成においては、景気悪化による町民の皆さんのご家庭への影響が大変心配されることから、町民負担の軽減を図ることに重点を置きました。
 子ども医療費の無料化を中学校卒業までとし、これにより7月から阿久比町の子どもは義務教育が終わるまで医療費負担がご家庭にかからないことになります。保育料の引き下げも実施し、子ども手当につきましても実施していきます。
 また、町の将来に向けての第5次総合計画策定事業、保育園の統合や循環バスの検討、水道水第3タンクの建設など将来の町づくりに向けての事業に取り掛かります。
 学校の耐震化につきましては、公約どおり工事を今年中に完了させ、耐震化率100%を達成いたします。子どもたちの安全が確保できることとなり「ホッ」としています。
 一般会計の総予算は71億1200万円となり、本町始まって以来の最高額であります。内容等は、「広報あぐい」等で公表してまいりますのでご覧ください。

水道水第3タンクについて

今回の議会での一般質問にもありました、水道水タンク建設についてでありますが、町内にビラが配られ「疑惑」だとか「隠蔽」という過激な文字が盛んに使われ町当局を批判していますので、皆さんも大変心配されていることと思います。私も職員も、議員に水道水タンク建設の必要性や取り組み方、経緯について何度も説明を繰り返してきましたが聞き入れてもらえず、100条委員会設置に至っております。私も地主との間で不正な取引があったかのような発言をされていますので、まったくの事実無根であることを、今回の議会の所信のなかで述べさせていただき、議員と町民の皆さんに誤解のないようお話をさせていただいた次第です。私の政治信条は、「公平、公正、公明」であります。故に今回のことは誠に心外であり残念であります。
所信表明

所信表明演説
(平成22年阿久比町議会第1回定例会にて)

また、水道水タンクは、どこにでも建てられるものではなく、できる限り高い位置で、東海地震などが起きても安全が確保できる地盤の安定したところが必要で、土地も限定されてきます。今回のことで、土地を提供してくださった地主の方々にもご迷惑がかかることとなり、大変申し訳なく思っています。
 阿久比川の東地区には水道タンクが無く、不安を抱えながら今日に至っています。本町は、阿久比川西地区に2つのタンクがあり、加圧して白沢と卯ノ山の2本の送水管によって東側に送っています。先月阿久比川の地下に埋設してある送水管1本が漏水し始めたため緊急処置として、橋の上に仮設管布設工事を行っている最中です。工事が完成するまで何事も無ければよいのですが、無事を祈るばかりです。
 また、陽なたの丘開発も順調に進み、すでに100区画以上が売れ、住宅が日に日に建設されています。今後需要も増えてきますので水道水の安定供給をするためにも、一日も早く建設を軌道に乗せたいと思います。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 

P.S.

「重いものをみんな棄てると、風のように歩けそうです」

 という言葉を残されたのは高村光太郎ですが、仕事上、公務員はそんな訳にはいきません。でも、疲れた時にこの言葉を思い出すと、なぜか楽になります。一度省みて、棄ててもいいものかどうかを判断して、思い切って・・・。

 町長室だよりをご覧くださってありがとうございます。3月の町長室だよりが発信できなかったことをお許しください。できる限り毎月更新したく思っていますのでよろしくお願いいたします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.