ページの先頭です

第62号(平成26年5月)多くのヒントを与えてくれたシアトル視察

[2014年5月23日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

執務中の町長

阿久比町長 竹内 啓二 

多くのヒントを与えてくれたシアトル視察

皆さんこんにちは。

この時季の植物の生命力に驚くばかりだ。生き生きとした若木や新緑が眩しい。初夏の日差しを浴びた庭の木々の勢いは実に力強い。

朝、着替えもせずに庭に出て、盆栽に水をかけメダカに餌をやるなどして、我が家の小さな自然と戯れることに楽しみを感じている。今のお気に入りは菖蒲だ。日本刀のような葉を水面からまっすぐ伸ばし、見ていて気持ちがいい。もう少し育てたら風呂へ入れて菖蒲湯と洒落てみたいものだ。父と一緒に風呂に入った少年時代を思い出す。「菖蒲の香りは邪気をはらい健康体にしてくれる」と言って菖蒲の葉で鉢巻をしてくれたものだ。その父も鬼籍に入って20年。想えば大人になるにつれ、父の言葉に素直に耳を貸そうとしなかった私だったが、今になって語りあってみたいと強く思うことがある。まあ、願っても叶わぬことだからそのように思えるのかもしれない。

今、庭で私の相手をしてくれるのはトカゲだ。トカゲの声は聞いたことはないが、「おはよう。元気か」とあいさつすると、じっとこちらを見て「ああ、飛び石の上は暖かくて気持ちがいい。お前も元気か」と横柄に答えたような気がする。手足のないヘビは苦手だが、トカゲは愛らしいところがある。動きも実に面白い。こちらを見ていたかと思うと、短い前足で目のあたりをこすったり、引きずってきた立派な尻尾をくねらせてみたりして、その動きが昔のコマ送りの活動写真のようで趣がある。葉の下に身を隠したかと思うと、私の前に予期せぬところから現れて驚かす。観察されているのは、どうやら私のようだ。

 

シアトル親善交流事業

シアトル市長を表敬訪問

シアトル市長を表敬訪問

ボーイング社エバレット工場を見学

ボーイング社エバレット工場を見学

4月22日から28日までの日程で、アメリカ西海岸にあるシアトルへ、中部国際空港近隣の7市町の首長と空港関係者、NPO「知多から世界へ」の訪問団の皆さんとで視察に行った。中日新聞の記者も同行して随時記事を日本へ送っていたので、お読みになった方もいらっしゃると思う。

今回の視察の目的は、中部国際空港が開港して10年目を迎えたことを機に、空港のPRと中部圏や知多地域を紹介すること。知事からの親書をワシントン州知事とシアトル・バンクバー両市長、ボーイング社へ届けること。これから愛知県の新しい産業となるであろう航空宇宙産業を含めた先端産業の実態を研究視察すること。1834年(今から180年前・江戸時代)、千石船宝順丸が難破し乗組員だった知多半島出身の音吉、久吉、岩吉がアメリカ西海岸に漂流したことが日本の開国に大きくかかわっていた事実から、交流を深めている音吉顕彰会の交流事業への参加。そしてシアトル桜祭りに参加することであった。

シアトル市長表敬訪問から始まり、在シアトル日本国総領事訪問、ワシントン州議事堂視察、州知事主催昼食会、バンクバー市長表敬訪問、クラークカレッジ大学訪問、ボーイング社表敬訪問、エバレット工場視察、航空未来館視察、シアトル桜祭り参加と公務に追われ、日程的には大変きついものであったが、大いに見聞を広めることができ有意義であった。

少し紹介をさせていただくと、アメリカの西海岸の北部にあるワシントン州はカナダに接し、シアトルからオリンピックのあったバンクーバー(カナダ)までは、車を使えば3時間で着く場所に位置し、42番目の州としてアメリカ合衆国に編入されるまでは、カナダとの国境すらも明確ではなかったようだ。

インディアンと共存する地域であり、当時はビーバーの毛皮4匹分とライフル銃1丁を物々交換し、シルクハットの素材として英国へ送っていたそうである。北緯47度と言えば南樺太と同緯度であるにもかかわらず、かなり暖かく、桜祭り会場では八重桜が散り始めていたので、この時期の阿久比の気温よりも2度から4度ほど低いと感じた。

人口は61万人ほどで、知多半島5市5町の人口と同規模である。坂の多い街でエリオット湾のウォーターフロントは観光地として賑わっており、特にパイププライスマーケットは土産屋が多く出店している。皆さんご存知のスターバックス1号店はここにあり、長い行列ができていた。(1号店の商標は当時のままで、今の人魚マークと少し違うと教えられた)

現在と少しデザインが違う、開店当時から掲げられているスターバックス1号店の看板

現在と少しデザインが違う、開店当時から掲げられているスターバックス1号店の看板

イチローが在籍していた、シアトルマリナーズのセーフコ球場があり、イチローの大きなポスターが飾られていた。

カンフースターのブルース・リーもシアトルの出身で、今は墓地に眠っている。

産業では航空機メーカーのボーイング社が一番の大企業であるが、ビルゲイツ氏の出身地でもあり、マイクロソフト社も主要企業の一つである。

ワシントン州は、カリフォルニア州、ハワイ州、ニューヨーク州に次ぐ4番目に日系人の多い州であり、東洋系の顔をした住民を多く見かけた。同性愛者の結婚を認めており、シアトル市長自身も同性愛者であり、ハズバンドが日系人であったことも驚きであった。

私たちが訪れたフォート・バンクーバー市は(カナダのバンクーバーではない)シアトルの南に位置し、コロラド川を渡ればオレゴン州となるワシントン州最南端の都市である。市長がフランクな方で会談に時間を取っていただけたので、多くのことを学ぶことができた。

桜祭りでは日本の文化を在留の方々が紹介していた。書道、俳句、生け花、居合抜き、組み紐、草木染め等々。印象に残ったのは、大工・指物師の実演であった。杉材にノミを入れ細かなところへも気を使い、美しく仕上げる技に感嘆の声が上がっていた。日本刀にも老若男女を問わず関心が強く、一刀両断にされた藁の切れ口に参加者が触れていた。竹刀の素振りの真似をしただけで「サムライ」にされてしまったが、「サムライ」には興味本位だけでなく尊敬のまなざしを投げかけているように思えた。

 

土産話が終わらなくなってしまったが、今回の視察で思ったことは、人は刺激を受け、興味を抱き、感じることが大切であると思う。そして知ることが知恵になり、また一歩前に進むことができるのではなかろうか。多くのヒントを与えてくれた視察であった。
バンクーバー歴史公園内に建つ、日米友好親善の石碑

バンクーバー歴史公園内に建つ、日米友好親善の石碑

桜まつり会場で、首長さん方と法被姿で知多半島をPR

桜まつり会場で、首長さん方と法被姿で知多半島をPR

お問い合わせ

阿久比町役場町長の部屋

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.