ページの先頭です

熱中症にご注意ください

[2019年7月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

熱中症とは

人間の体は、常に体内で熱をつくり出している一方で、汗をかいて熱を発散し、適度な体温に保つ機能が備わっています。この機能がうまく働かなくなったときに起こるのが熱中症です。次の場合などは体温の調節がうまく働かないことがあります。

  • 気温や湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い

熱中症は屋外だけでなく、屋内でも起こります。高齢者や、乳幼児は日常生活でも熱中症を起こしやすいため、注意してください。

子どもの熱中症

子どもは、大人に比べて背が低いことから地面の熱の影響を受けやすく、体温調節の機能が未熟のため、大人が「このくらい平気」と思っていても、熱中症を起こすことがあります。炎天下での外出や外遊びは控えることをおすすめします。やむを得ず外出する場合は、涼しい服装を心掛け、こまめな水分補給と、休息を取るようにしてください。

暑さ指数(WBGT)

環境省では暑さ指数(WBGT)をホームページで公表しています。蒸し暑さを分かりやすく表した指標で、暑さ指数が28度を越えると熱中症にかかる方が急増します。熱中症の危険度を判断する基準にしてください。

環境省ホームページのアドレス http://www.wbgt.env.go.jp/

熱中症の予防法

  • 涼しい服装にする
  • 日陰を利用する
  • 日傘・帽子を使う
  • こまめに水分を取る

体が感じる危険信号

めまい、吐き気、ズキズキとする頭痛、皮膚が赤く・熱く。乾いている状態、汗をかかない、極端に高い体温、意識の混濁や消失などがあります。

熱中症かなと思ったら

涼しい場所で休み、水やスポーツドリンクを飲んでください。ただし、意識がなかったり、嘔吐したりしている方には水は飲ませないでください。

お問い合わせ

阿久比町役場民生部
健康介護課保健係

電話: 0569-48-1111
        内線1520・1521

ファックス: 0569-48-7333

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.