ページの先頭です

高齢者おかえりサポート事業(個人賠償責任保険に加入)

[2016年10月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

高齢者おかえりサポート事業について

「高齢者おかえりサポート事業」とは、認知症により在宅高齢者が行方不明となった場合に、高齢者の特徴や緊急連絡先などをあらかじめ役場に登録することで、早期発見と事故の未然防止などにつなげる事業です。

登録時に配布する「おかえりサポートシール」を靴に貼っていただくことで登録者が困っている時などに声掛けや通報など、周囲から手助けを得られやすくなります。

また、登録者が偶然の事故によって他人の物を壊すなどの法律上の損害賠償に備えて個人賠償責任保険に加入(自己負担なし)することができます。

行方不明などの緊急時には、捜索に役立つように警察署や消防署などに登録情報を提供します。

登録対象者

阿久比町に住民票があり、居住している方で以下のいずれかに該当する方。

ただし、施設等に入所している方を除きます。

  • 65歳以上で認知症状または認知症の疑いがある方
  • 65歳未満で認知症状がある方
  • 認知症以外の理由により、行方不明になる可能性がある方で町長が必要と認める方

   *認知症(疑い)の判定は診断書または介護保険の認定を受けている方は介護認定

    申請時の主治医意見書にて確認します。診断や介護認定を受けていない方は登録

    者本人と面談の上、チェックリストによる聞き取りを実施します。

    

登録に必要なもの

  • 対象者の胸より上の写真と全身の写真を各1枚(サイズはL版程度の大きさ)

   *写真はできるだけ最近撮影したものを持参してください。

  • 印鑑

  

おかえりサポートシール

かかと

登録者の靴に貼って活用します。黄色地でかかと部分には黒字で登録番号が記載されており、ご本人確認の目印となります。

かかと

利用料等

無料。(シールは5足分、10枚お渡しします。)

個人賠償責任保険の内容

法律上の損害賠償責任を負うこととなった場合、最大1億円を補償します。

皆さんへのお願い

おかえりサポートシールを貼った靴などを履いている高齢者が以下の状況にある場合は、「どちらへ行かれますか」「何かお困りのことはありませんか」など、声を掛けてください。

  • 夜間、早朝などに一人でいた場合
  • 道端などに座り込んでいた場合
  • 赤信号でも横断しようとする、交差点で車道に踏み出して信号を待つ、車道を歩くなど危険な行動が見られた場合
  • その他、困ったような様子が見受けられた場合

明確な反応が無かった場合は、地域包括支援センターにお電話をください。夜間または対象者が、けがをしているなど緊急性がある場合は警察署または消防署へ通報してください。

お問い合わせ

阿久比町役場民生部
健康介護課地域包括支援係(地域包括支援センター)

電話: 0569-48-1111
        内線1127・1128

ファックス: 0569-49-2470

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

民生部健康介護課地域包括支援係(地域包括支援センター)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.