ページの先頭です

麻しん(はしか)・風しん混合予防接種について

[2015年6月4日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

麻しん(はしか)・風しん混合予防接種について

 麻しんとは一般にはしかと呼ばれ、発熱、咳、鼻水、めやに、発しんが主な症状です。はじめ38度前後の発熱があり、一時治まりかけたかと思うと、また39度~40度の高熱と発しんが出てくるのが一般的な経過です。

 風しんは、三日ばしかとも呼ばれ、軽い風邪の症状で始まり、発しんや熱などが出る病気です。

 麻しん対策を強化し、風しんによる先天性風しん症候群の発生を予防するため、予防接種法施行令が改正されました。これにより、平成18年4月1日から麻しんおよび風しんの予防接種は、混合ワクチン(MRワクチン)となり、2回接種となりました。

接種対象年齢
第1期 生後12ヶ月~24ヶ月未満 の方 
第2期5~7歳未満で、小学校就学前の1年間の年齢に該当する方(保育園・幼稚園の年長児) 

阿久比町では、麻しん風しん混合予防接種を個別接種で実施しています。
対象の年齢になられたお子さんに予診票をお送りしますので、以下の個別接種実施医療機関に予約し、接種を受けてください。

すでに麻しん、風しんどちらか一方にかかったことのある方は、麻しん風しん混合予防接種ワクチンを接種されてもさしつかえありませんが、もう一方を単独ワクチンで接種することもできます。単独ワクチンをご希望の方は、保健センターに予診票の交換にお越しください。

接種を受ける時は、予診票を接種当日に記入し、母子健康手帳と一緒に医療機関にお持ちください。
予防接種を正しく理解していただくため、『予防接種のお知らせ』と『予防接種と子どもの健康』をよくお読みください。


〔持ち物〕母子健康手帳、予診票 健康保険証 診察券(お持ちの方)
〔会場〕個別接種実施医療機関
〔料金〕無料

予防接種実施医療機関

   医 療 機 関

    住 所

  阿久比町大字

 電  話

飯塚医院

福住字六反田1-9

48-2131

ちた整形外科クリニック

阿久比字東向山6-29

48-6300

東ヶ丘クリニック

福住字高根台11-6

48-5551

山田内科

草木字平井堀3

48-3737

浅井外科

白沢字天神前33-2

48-8787

阿久比クリニック

卯坂字米山1-1

48-8866

ハーブ内科・皮フ科

横松字宮前67

48-9074

高津耳鼻咽喉科

白沢字天神裏41-2

49-2525

渡辺クリニック

白沢字天神裏10-8

48-0202

あぐい南クリニック

矢高字高岡北86

49-0373

すみやクリニック

宮津字宮天神24-1

49-3154

あぐい小児科クリニック

福住字坊田34

89-2020

於大クリニック阿久比

宮津字西森下14-1

49-3811

お問い合わせ

阿久比町役場民生部
健康介護課保健係

電話: 0569-48-1111
        内線1520・1521

ファックス: 0569-48-7333

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright ⓒ AGUI TOWN 2010. All right reserved.